ポケットWi-Fi

SIMカードポケットWi-Fiは携帯回線を利用した通信サービスです。
ポケットWi-Fiの大きなメリットは面倒な工事が不要なところです。
ポケットWi-Fiルーターを購入し契約した業者のSIMカードを利用することでWi-Fi通信が可能です。

便利なポケットWi-Fiですがデメリットもあります。
契約するプランによっては一定以上の通信量を使用すると速度制限の対象となります。
3GBを使えば制限、5GBを使えば制限など。

スマホと同様、モバイルWi-Fiにも速度制限があります。スマホの場合は2015年夏から、データ量に応じて選べる定額プランに移行しましたが、モバイルWi-Fiはどのキャリアも基本的に「1ヶ月5GB」、「1ヶ月間7GB」や、「3日間で10GB」とそれぞれのサービス毎に制限を設けています。制限を超えてしまうと、通信速度が最大128kbpsに低下してしまい、モバイルWi-Fiがほとんど使えない状態になってしまいます。

一ヶ月経過すれば制限は解除されます。確かに制限内であれば高速通信でインターネットを利用できます。制限速度の対象になれば通信速度が低下します。容量を追加すれば再び高速通信が可能ですが料金が発生します。

携帯回線の規格は色々あります。3G、4G、LTEなど。ポケットWi-Fiルーターを使用することで、それらの規格を全てWi-Fiとして通信サービスを利用することができます。ポケットWi-Fiルーターとは限らず、スマートフォンにあるテザリング機能を利用すればWi-Fi通信が可能です。

格安SIMを扱う会社が増えて、今ではSIMフリー対応のポケットWi-Fiルーターとスマートフォンが増えて、機種によっては安価で購入することができます。自分に合ったポケットWi-Fiの契約のプランを考えて選択するのが良いでしょう。