何が必要か

Wi-Fiを利用するには、3つ用意する必要があります。プロバイダと子機と親機です。プロバイダは、インターネットを利用し始めるインターネット回線事業者との契約が必要です。プロバイダとの契約を終えた後、USB無線子機(内蔵されている場合は必要無)を使って、ルーターと呼ばれるWi-Fiの電波を飛ばす親機と接続。正しくプロバイダと親機の情報を入力することでインターネットを利用できます。子機を内蔵したWi-Fi対応の端末は広く出回っておりますが、内蔵されてない場合、USB無線子機を購入する必要があります。親機と子機、メーカーが違う同士でも接続は可能です。

無線親機から発生されるWi-Fi電波を利用してインターネットを行うことができます。どうしても電波が弱い、通信を改善したい場合、Wi-Fiの中継機を導入すると良いでしょう。通信距離の延長と障害物の回避による死角の解決が可能となります。それでも足りない場合は複数台を増やすという方法があります。費用はかかりますが、どんなに離れても、いかなる障害物があろうとも、それを解決する力を中継機は持っています。そうした機器の活用によってWi-Fiというものを楽しむことができます。